サービス案内

一般顧客向け被害者請求の申請代行サービス

一般向け自賠責被害者請求手続き

対応地域

全国

交通事故に遭われてご不安を抱えている方が対象のサービスです。

  • 保険会社から治療の打ち切りをされそうになって困っている。なんとかもう少し治療を継続したいので助けて欲しい。
  • 自転車に乗っていたら車に轢かれてしまった。自動車同士の事故では無いが被害者請求を使いたい。
  • 保険会社からは整形外科に通院するように言われているけれど、日中は仕事で通院が難しい。仕事終わりに通える接骨院に行きたいが保険会社から反対されている。
  • 慣れない交通事故で誰に相談したら良いかわからない。相談できる人を見つけたい。
  • 保険料が安かったので通販系の保険会社に加入していて大きな事故にあった。
    このままオペレーターに任せているだけで本当に大丈夫か不安。
  • 相手保険会社の事故担当者から電話がかかってくるのがストレスになっている。毎回自分が悪いことをしているような気持ちになるのでなんとか話さずに済ませる方法がないか。

上記のようなお悩みの解決をお手伝いさせていただきます。

サービス概要

初回相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

交通事故の発生から解決までの流れは大まかに言うと、

事故発生→治療→症状固定→示談または訴訟→解決

になります。

お怪我をされた方は、大まかに2通りの方法のうち、どちらかのルートで解決まで至ることになります。

一括対応

一つ目のルートは、保険会社の担当者と相談しながら治療・解決まで進めていく方法です。この方法は保険の用語で一括対応と言います。

ケガをした人(あなた)に代わって、加害者の保険会社が(自賠責保険への)請求手続きを代行してくれるのでとっても楽なんです。

メリットは、任意保険と強制の自賠責保険の手続きが一つの窓口で完結すること。手続きや支払いを自分でする必要がありませんから、保険会社に任せておけばいずれ示談に至ります。

デメリットは、保険会社に任せるイコール主導権が保険会社にあることです。担当者は大量に事故処理をしなければならないので仕方がないのですが、個別の事情まで踏まえた対応は難しいものです。痛みがあるのに治療期間の終了を打診され治療終了となる可能性もあります。

被害者請求

二つ目のルートは、被害者請求(16条請求)と言われています。

この方法は、ケガをした方が自分で資料を揃えて自賠責保険へ直接請求をする手続きです。

メリットは、保険会社の事故担当者と話す必要がなくなり、治療期間を長く確保できること。通院先もご自分の行きたい接骨院を選択することが可能です。通院回数が多くなり、結果として受け取れる慰謝料が増えます。

デメリットは書類の収集や作成の手間があること。知識がなければ手続きの手間ばかりかかってしまう点。

主体的に事故解決する

交通事故の後はさまざまな確認の電話や書類の作成などが発生します。まさしく非日常の状態といえます。そのような心理状態でかけられる保険会社の担当者の優しい言葉はありがたく感じるものです。

しかし、冷静に考えていただければ、その担当者の方は加害者の加入している保険会社の方なわけです。誰の味方かといえば、当然保険料を支払っている契約者(加害者)の味方です。

それに加え保険会社は営利企業ということも忘れてはいけません。事故担当者として、支払いは少なく、治療期間は短くして早く仕事を終えたいというのが当たり前の心理でしょう。

このように、誰を頼ったら良いのかわからない時にとても大切なことがあります。それは、大変ですが自分がしっかりとした治療を受けるという強い意志を持つことです。言い換えればイニシアチブ(主導権)を相手の保険会社ではなく自分が持つということです。

優しい性格の方で、そんなことをすると誰かに迷惑をかけると思う方もいるかもしれませんが全く心配無用です。

私が取り組んでいる被害者請求は、被害にあった方を救済する国の制度です。誰でも請求が可能で利益を受ける権利があります。ただ、保険会社からは決して紹介されない制度ですので、その点をしっかりとご説明しお手伝いできればと考えています。

当事務所では、「被害者請求」の書類作成を通してお客様の適切な治療期間の確保できるようサポートさせていただきます。

サービスの特徴

事故当初からのご連絡をおすすめします

弊事務所は社団法人交通事故治療の窓口のメンバーとして活動しています。

社団では年間800件以上の被害者請求手続きをしていますので、治療期間の延長を確実にサポートするノウハウがあります。

事故当初から被害者請求がおすすめですが、途中から被害者請求に切り替えることも十分可能です。

まずはお気軽にお声掛けください。

 

任意保険の確認サービス

自動車の事故では自賠責保険と自動車保険(任意保険)の両方が関連してきます。

自動車保険以外の保険でも内容によっては補償対象になることもあります。受け取り漏れの無いように一緒に確認作業をさせていただきます。

なお、特に気をつけていただきたいのは、運転中よりもむしろ歩行中や自転車に乗っている時に事故に遭った場合です。

長年の保険代理店経験をもとに、受け取り漏れが発生するリスクを事前に排除していきます。

 

弁護士紹介

後遺障害等級を獲得した後は慰謝料等の賠償請求になります。

地域の提携弁護士と連携して、裁判基準の保険金額を獲得できるように致します。

接骨院など治療院の紹介

交通事故のむち打ちや腰痛は継続して治療することで症状の改善が望めます。

整形外科での西洋医学の治療に加えて、東洋医学のアプローチも回復には非常に有効と考えます。

地域の優良な治療院を紹介できるよう現在協力関係を作っている途中です。

料金プラン

書類作成プラン

被害者請求の書類作成と請求手続きを代行致します。お客様には印鑑証明書の取得をお願いしますが、それ以外は2つの書類にご署名をするだけ。保険会社の担当者と話す必要もなくなりますので、治療に専念できる環境になります。

相談費用(初回)
0円
被害者請求書類作成費用
総額 60,000円(税抜)
相談費用(2回目から)
1時間 5,000円(税抜)

通常かかる費用は総額60,000円(税抜)だけです。
任意保険に関するご相談など、別のご相談がある場合のみ相談費用をご負担いただきます。

よくある質問

サービスについて

Q どのタイミングで相談すればよいですか?

事故後1週間以内のご相談をお勧めします。
事故の程度にもよりますが、早めに方針を決めて治療をスタートすべきです。事故の日から13日経過して初めて通院すると自己との因果関係が疑われ保険金が受け取れません。そうなる前に迷ったらご相談ください。

Q 治療院の紹介などはできますか?

協力関係のある接骨院を現在増やしているところです。ご自宅近くで通うのに負担のかからない治療院を紹介できるかもしれません。
一度ご相談ください。

料金について

Q 税込66,000円の料金ということですが追加で料金は発生しますか?

お引き受けしてから解決まで3〜5ヶ月間の期間対応いたします。その間にかかる料金は66,000円のみです。
弊事務所が事故証明書を代理で取得した場合は証明書代800円を追加でいただきますが、追加で考えられるのはこの800円だけです。

Q 自動車保険の弁護士特約が使えると聞きました。
使える場合は書類作成費用は対象になりますか?

はい、各保険会社の約款には弁護士特約の対象は、弁護士、司法書士、行政書士となっているケースがほとんどです。
書類作成代として請求できる可能性が高いですが保険会社によっていくら顧客に支払うか運用が違います。
いずれにしろ試してみる価値があります。

Q

バモノス行政書士事務所
代表 金崎大亮

交通事故の被害者請求は、バモノス行政書士事務所にお任せください。

長年交通事故に関わってきましたが、何より安心や納得ができることが大切だと感じます。

事故後の人生が少しでも明るく前向きになれるようお手伝いさせて頂きます。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

一般向け自賠責被害者請求手続き